こんなWeb嫌いだ



その 1: 勝手に音を鳴らすWebサイト

アクセスするだけで、勝手に音が鳴ってしまうWebがある。
閲覧者が再生ボタンを押したら音がなるようになっているサイトは別に構わない。
問題なのは、アクセスするだけで音がでかでかと鳴ってしまう所だ。

なにが楽しくて音を鳴らすのだろうか。
はっきりいって迷惑です。
やたらとページを表示するまでが遅いし、なんたって、会社の仕事中にこっそり見ることが できないではないかッ!!

ページ作成者は、音が鳴った瞬間に慌ててページを閉じられているという事実を認識しているのだろうか?
どうか、音は鳴らさないでください。

その 2: 勝手にブラウザの大きさ・配置を変えるWebサイト

いきなりブラウザの大きさを変えられてしまうのは嫌だ。

この大きさで見て欲しいという推奨サイズがあるらしいのだが、 なにもその大きさに強制的に変更しなくてもいいではないか。
そもそも Webっていうのは、端末側がどのような表示サイズを持っていようが、 その中にちゃぁーんと表示するっていうのがそもそもの考え方だし、そうすべきだと思う。

パソコンの画面・デスクトップっていうのは、いわば「仕事場」です。
作業の効率を考えてそれぞれのウィンドウのサイズやら配置やらが決まっているのだ。
それは人それぞれに違うであろうけれど、自分の作業効率が高くなる置き方というものが存在するはずだ。

それなのになぜ自分のやりやすい配置を勝手に変えられなければならないのでしょう?
なぜ、わざわざ元の大きさ・配置に戻す操作をやり直す羽目にならなければならないのでしょう?
どうか、ブラウザの大きさや配置を勝手に変えないでください。


こんなWeb嫌いだ (Rev.020709)
edited by nonoz@nztype.net